Bilingual Certified Labor and Social Security Lawyer           英文就業規則・英文社内諸規則・英文雇用契約書ならおまかせください
lmconsul
HomeBlogProfileFAQContactEnglish Site Map Privacy Policy
Main Menu
就業規則
労務相談
労働・社会保険手続
英語サイトリンク
退職金制度
事務所概要
スタッフ紹介
バックナンバー

受付は
終了いたしました
英語による労働法制セミナーのご案内
「英語で学ぶ日本の労働法制セミナー」       日本における、解雇に伴うリスク、残業時間の問題を知る
2006年12月7日(木)
午後2時から午後5時
詳細はこちらです
English here



定年制度・雇用延長制度の見直しはお済みですか?
改正高年齢者雇用安定法は、2006年4月より施行されています。



個人情報保護法対策はお済みですか!


就業規則に関するよくあるQ&A


日英就業規則用語集をプレゼント。


士業リンクページです

無料就業規則診断について

御社の就業規則を無料で診断いたします。
多数の企業・団体様のご依頼ありがとうございます。
このサービスは、当面の間、継続いたします。ただし、現在のところ、業務の都合によりお申し込みをいただいてから約 4-6週間程度を要しますので、ご了解ください。
お急ぎの方は有料で診断いたしますのでご相談ください。

全国対応 無料就業規則診断 "Countrywide Free of charge!"
  • サービス内容

    御社の現行の就業規則を無料で簡易診断いたします。
     診断は、総括的なもので、すべての条文についてのコメントは出来ませんが、重要な問題点を中心に指摘し、それぞれの改善策をご提示させていただきます。 
    このサービスは現行の規則(労基署届出済みのもの)を対象にさせていただきますが、御社での修正案を付記いただいても結構です。
    現在有効でない就業規則、実施前の素案である就業規則はお受けできませんので、ご了承ください。 範囲は就業規則本則、賃金規程に限らせていただきます。
    診断結果は3-4週間程度でEMailにてお送りいたします。

  • 診断を受けるメリット

    最近の就業規則関連の法改正はめまぐるしく、作成後2年以上経過した就業規則はなんらかの法的なリスクを内在させていることがあります。 今回は無料にて、御社の就業規則の持つ潜在的なリスク、現行法令に準拠していない点などの指摘が受けられ、労務リスクの回避に向けての方向付けができます。
    今後の就業規則見直し・改訂の指針としてお役立てください。
    社会保険労務士は法律で守秘義務が課せられていますので、御社の秘密を漏らすことはありません。

  • お申し込み方法

    現行の就業規則のコピーを当事務所(このページ最下部)あて郵送にてお送りください。 または電子ファイルの場合は info3@lmconsul.com あてお送りください。

    同時にEmailにて、無料就業規則診断希望 の旨をお知らせください。その際、下記の項目をコピーの上、必ずご記入ください。

    会社(団体)名:
    業種:
    従業員数:
    ご担当者名:
    連絡先電話番号:
    emailアドレス:
    付記事項:(あれば)

  • お申し込み期限

    約3−4週間後のご報告となりますのでお早めにお申し込みください。

  • 診断対象範囲

    全国の外国系企業・機関・団体様、国内企業・機関、団体様。 業種、規模は問いません。
    範囲は就業規則本則、賃金規程に限らせていただきます。
    外国機関、外国団体等の、英文のみの規則、労働契約書等についても、期間は上記より余分にかかりますが、日本の労働関連法令に基づいて無料で概略の診断をいたします。この機会にぜひご利用ください。

  • お問い合わせ

    診断の範囲等、ご質問がございましたらお気軽にお尋ねください。


無料診断 Page Topへ



倉田国際労務管理事務所
〒143-0021 東京都大田区北馬込二丁目28−15−307
TEL 03-6429-7435 FAX 03-6429-7437
ご連絡・お問い合わせはこちら
Copyright © 2004-2010 Kurata International Labor Management Consulting.
All Rights Reserved.